読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本をよくする一歩 国を憂う政治

この国を憂い、反日勢力を排除する政治。

豊洲の地下は再汚染されています。

本来、豊洲市場においては、揚水井戸(地下水をくみ上げる井戸)を利用して地下水位がA.P.1.8mの標高よりも高くならないようにされることになります。

したがって、地下水制御が正常に機能している場合には、移流による鉛直方向への汚染物質の移動も発生することはないと言えます。

また、豊洲市場では未掘削部の上部に粒子径が大きい砕石層を設置して現象の発生を防止しています。常識的には、この砕石層の存在によって毛細管現象による水位上昇が発生することはないと考えられます。

では、現在どうなっているかというと、地下水位は上昇し、砕石を敷き詰めていない所もあります。

鉛直方向における地下水の移動は水位の変動によって確実に生じます。

よって、残念ですが、豊洲の地下は除染する前の状態に戻っています。