読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本をよくする一歩 国を憂う政治

この国を憂い、反日勢力を排除する政治。

豊洲の遮水壁

設計当初、遮水壁は、地下の不透水層に定着させ、地下水の流入はないとの説明があったが、一部地質の専門家からは、その地層が不透水層かどうか疑わしいとの意見が出されたが、市場側の説明は「不透水層だ」というものでした。
。(議事録に残っている)

 

最初は地下空間の水は雨水との見解を押し通したわけですが、遮水壁の外から流入した水であれば、水と一緒に汚染物質が流入したことによって説明はつく。

飲んでも大丈夫とはいうが、民間の土地売買では、基準値をちょっとでも超過すれば大問題になっています。それが100倍以上でも大丈夫は通用しませんね。。