読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本をよくする一歩 国を憂う政治

この国を憂い、反日勢力を排除する政治。

北海道が支那人に買われている。

支那人 領土問題

f:id:sacurasacu:20170301025045j:imagef:id:sacurasacu:20170301025054j:image

 

日本に来る中国人の目的地都市で人気急上昇中の北海道がとれも危険な事になっている。           

 北海道での外国資本による不動産買収を監視している小野寺秀前北海道議は、

「今、世界は難民政策や外国人の受け入れと向き合っている。そういう時期に、外国資本を受け入れるマニュアルを作る意味が分からない。こうしたマニュアルができると、不動産買収にもっと拍車がかかる。外国資本への対応は、法整備の後になされるべきものなのに危険だ。整合性がとれなくなる」

国土交通省の意図を訝る。

 在日のチャイナウオッチャーは「中国は、領土拡大のために数百年かけて静かな侵略を行ってきた。中国人は一度住み着くと、排他的なチャイナタウンをつくる。気がつくと、山も水も電力も中国のものになっているかもしれない」と警告する。

 国家の安全保障は、軍事面だけでなく、食糧面、エネルギー面、流通面、医療面、金融面、対自然災害…と多岐にわたる。中国はその全ての面で日本に攻勢をかけているともいえるが、国交省のマニュアルはそうした戦略にお墨付きを与えることになりはしないのか。     

国会でも、ようやく、外国資本の不動産買収に規制を設けようという議論が起きている。

 そういう流れに逆行するように「どんどん買ってください」と言わんばかりにマニュアルを作成して、日本の“領土”である不動産を外国資本に斡旋(あっせん)するような国交省の姿勢には唖然とする。

f:id:sacurasacu:20170301030558p:imagef:id:sacurasacu:20170301030609j:image

海外に目を向けて見ると外国人に無条件で土地を売っているのは日本ぐらいです。

f:id:sacurasacu:20170301030834j:image

中国人の人口が増えてきているのには理由があります。

次は増えている理由について解説します。

支那人が帰化する理由