読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本をよくする一歩 国を憂う政治

この国を憂い、反日勢力を排除する政治。

音喜多駿都議会議員豊洲の柱疑惑

音喜多駿東京都都議会議員の捏造疑惑

どうも音喜多氏は豊洲の柱の件で自分の株をあげようと思っていたのではないだろうか?

中央区の区議員の先生のブログから見ていきましょう。

当該写真は、中に入った市場関係者から、「加工パッケージ棟4階の床が、新しい建物にもかかわらず、ものすごいヒビが入っている」という不安を届けられたことで、ある筋を通して、加工パッケージ棟に入れていただいたときに、床のヒビを撮ったときのもの。

豊洲の床これで大丈夫ですかね...。

あとから、柱が傾いて見えることに疑問を持ち、ヒビの報告と共に、柱の傾きがおかしいと、仲卸さんにメールを送った。

この写真を、当該報道局へ送ったのは、私ではない。 この仲卸が送った。

この区議さんが送ってはいない。仲卸の一人が送ったのですね。

放送前日だったか・・・担当者から電話が来た。 そこで、私は、「カメラのレンズのせいかもしれません。柱が曲がっていたら、東京都は、そもそも中を見せないと思います」と伝えた。 彼らは、「自分たちは、映像を取るプロでもあるので、ipadのレンズのせいではない・・・」と言った。 私は、市場駅の駅舎が相当ズレている現状をお伝えした。

ちゃんとレンズかもしれないと伝えてる

これについては、まだ暑くなる前、4月か5月のころ、卸会社の社長から、ぜひ観に行ってほしい、市場駅が市場を作った後、ズレている・・・と伺っていたので、9月のはじめに市場駅を訪れた際、確かに5センチほど様々なところがずれている現状を見てきたので、こちらのほうが、問題では?ということを話した。

彼らは、柱については、検証するといったので、「ぜひ、そうしていただきたい。人が働く市場なので、万が一のことが起きては大変なので・・・」と伝えた。

さまざまなところがずれてる...? 本当に不安になります。

放送当日、私は7時から町会主催のまちの掃除があり、その後、地域の小学校の運動会などに出かけ、仲卸の社長から豊洲市場についての不安を聴取し、夕方帰宅した後、この日の放送を確認した。 そして、正直、驚いた。 まるで、確証を得たかの様な報道をしていたことと、私の公職名が明らかにされていたためだ。 私は、このひと月あまり、私の写真を使用した報道局もあったが、一切、名前を出していない。

あくまでも、仲卸の一人として観てきたことを、あるいは、撮った写真を「使わせてほしい」という放送局には、使用を許可した。しかしそれは、仲卸の一人として、提供したことはあったが、そのさい、公職名を出すことはしなかった。 すぐに、担当者に連絡を入れた。 勝手に公職名を出し、このような放送をしたことについて、口頭での謝罪をこのときに受けているが、事態をしばらく見守ることにして、対応をさらに考えていただきたい旨も通達した。

この区議さんの善意に対してなんてことだ...。

その後は、インターネットのブロガーと言われる方々や、ツイッターで大変なことになっていると、当該報道の担当者から連絡を受けた。

その通り、実際、私にもさまざまなことが起きている。 この日曜日の放送に向けて、私にVTRに出てほしいという連絡が来た。 それはこれ以上、巻き込まないでほしいと、お断りをした。 前日、土曜日に、プロデューサーから電話をいただき、明日の放送は、こういう放送をするという連絡だったが、その際、私は彼にお願いをした。

「写真については、あらかじめ、カメラのレンズかもしれないと言われたのに、われわれが見切り発車をしたとはっきり伝えてください」と。 しかし、このことは、一切触れず、あたかも、我々が騙されたかのような、謝罪となったようだ。

何故こうなるんでしょうかね。

私は、不快なので、一切、この朝、番組を見ていない。

しかし、放送終了直後、2件、立て続けに電話が来た。 これらについても、当該放送局の担当者に連絡を入れ、状況を見守る旨を伝え、新たに口頭での謝罪を受けている。

しかし今朝、私に、こんなメッセージが届いた。

豊洲でデマ写真を拡散した詐欺師わたなべ恵子は都民に謝罪し即刻都議も辞任し不安を拡散した責任とって自殺しろ

TAKAHIRO NISIOという方からのメッセージ。

これについては、これから、警察に届ける。 名誉棄損罪が適用される可能性があることをここでお伝えする。 これ以上、この写真については触れない。大変不快である。 ただし、私の立場は明らかにしておく。 私自身、仲卸である。

同時に、私の使命は、ひとびとのために、声を形にしていくことが公職の立場である。 政治は、弱い立場の人々のために、声に耳を傾け、是正していく役割がある。 私は現場主義の人間である。

実際に、足を運び、人々の声を聴き、五感で感じ、考えたことを伝えている。是正を行政に伝え、そのようにしていただいている。 姿勢の人々の疑問や不安を、行政に届けることが使命の一つであると考える。

言葉が出ませんね。

次に、最近テレビで露出が多い、ある男性と議会議員から依頼を受けたことについて。

都議と仲の良い中央区議を通し、自分の会合に出てほしいという連絡が来た。

同じ仲卸で、テレビ慣れしているおじさんと、移転賛成派、反対派としての両方の声を聴きたいとのこと。

これについては、「もうその議論は終わっているものと思う。ましてや10月21日の会の時には、一定程度、方向性が出ているのではないか?」と伝えたところ、「両方の話を聞きたい」とのこと。

テレビで、あまりにもいい加減な話をする移転推進をするこの方が、それこそデマを伝えることは都議にとって、よろしくないと考え、いったんお引き受けをした。

音喜多氏と生田氏ですね。

あまりにいい加減な話しをすっていうのが音喜多氏ですね。

しかし、都議は、すぐに「テレビで有名な移転賛成はの〇〇氏と、区議会議員で現役仲卸の渡部恵子氏を迎え、移転賛成派VS反対派のバトル云々」公表したために、私は、今回、お断りする旨を彼に伝えた。

バトルする気もないし、そもそも、私は知っていた。

都議が、移転推進したい、この仲卸さんのターレットに乗せてもらい、築地市場のダメなところを見たとブログで書いていると、耳にしていた。また実際、水産仲卸の移転推進派の組合理事長と、理事長の別会社のメンバーでもある、この仲卸さんと、都議自身が、築地市場内で話し合っていることを、複数の仲卸から目撃されている。

とても、公平とは思えない会合に、わざわざ出向き、議論をする内容ではないと考えてお断りをしていたが、都議からは、別の人に来てもらうことになったので、今回はありがとうございました、という連絡を受けている。

音喜多氏はコソコソとやってますね。

中央区区議会議員さんのブログより抜粋

さて、これで音喜多都議会議員の本性が判ってきましたね。