読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本をよくする一歩 国を憂う政治

この国を憂い、反日勢力を排除する政治。

南京大虐殺の矛盾

南京大虐殺に多くの矛盾があり、虐殺が無かったのだから矛盾が解決するはずもありません。 支那国民党は南京戦を挟む1937年12月1日から1938年10月24日までの約1年間に約300回も外国人記者などに記者会見をして日本の悪事を宣伝しましたが、1回も南京で虐殺が…

南京大虐殺で民間人の無差別虐殺はない。

民間人の無差別虐殺はありませんでした。1937年、南京攻略戦に参加した日本軍、松井司令官の横には、国際法の権威であった齋藤良衛博士が必ずいました。南京城壁を取り囲んだ日本軍は、攻め込む前の12月9日、空から手紙を散布して中国側に降伏を促しています…

南京大虐殺の矛盾点

いわゆる「南京大虐殺」の最先端の議論では、「虐殺あった派」でさえ「民間人の大虐殺があった」という人は、もう、ほとんどいません。最新の、いわゆる「南京大虐殺」の議論の中心は、一旦とらえた敵兵の処刑に関する議論になっています。 ■拘束した便衣兵…